オーバーリアクション

喜怒哀楽を明確に

思った以上にメールでは感情というものが伝わらないものです。

文章では伝わりづらい

メールだけでコミュニケーションを取るときに大切なのは相手が見えないと言うことはどんな感情をしているのかわからないと言うことです。さらにいえば逆に自分が送った文章がちゃんと相手に伝わっているのかどうかと言うのも分かりませんよね。

ですから喜怒哀楽という表情に関して言うとハッキリと相手に伝えることが大切です。メールと言うのは文章だけで表現をしなければいけません。思った以上に相手には伝わっていないものです。

多少はオーバーリアクションで表現をしないといけません。相手を褒めるときは絵文字を使って大々的に表現をしたりして相手に印象をつけるようにしましょう。何の抑揚もない文章を送るよりかは相手に大げさだなって思われてもしっかりと受け止めてくれたほうがいいですよね。

特に喜怒哀楽の表現で楽しさや喜びを表現をするときはよりオーバーリアクションで接するようにしましょう。例えば相手が会社で昇進があったとか、人を助けたとか、時給がアップしたでも何でもいいです。

相手が喜んでいることを一緒なって喜んであげるようにしましょう。楽しいことは二倍にして喜んであげたり悲しいことがあったら一緒になって悲しんで半減させてあげましょう。

オーバーリアクションで接してあげることで相手もメールをしていたらなんだか楽しくなります。ただし、間違ったオーバーリアクションをすると相手を怒らせてしまいますので喜怒哀楽の見極めはしっかりとしないといけません。相手が悲しんでいるのにも関わらず楽しい気分にさせてあげようとしても効果は薄いです。

見極めは大事です。

↑ PAGE TOP