一方的に送る

会話のキャッチボール

一方的に送ってしまったら届いた方は反応に困ります。

相手の返事が来てから返そう

メールでコミュニケーションを取ると言っても基本的に相手にメールを送ったら相手が返信をしてくるのを待って相手から来たらまた送ると言うキャッチボールが必要になってきます。

それにも関わらず自分だけが一方的に送るようなことをしてしまうと相手からしてみるとどれに返信を指定医の川からなくなってしまいますよね。

ですからちゃんと相手が返信をしてくるのをしっかりと待ちましょう。

例えば朝からメールを送るのであればおはようと送って仕事の昼休みのときに相手から返信が来ていたら送り返すというお互いのリズムがありますよね。よっぽどのことがない限り相手とのリズムを乱さないほうがいいです。

連続して送るときは自分が言い足りないことや補足したいことがある場合は送ってもいいと思いますが、質問攻めをしたりなんで返信をしてくれないの?という催促をするようなメールは相手にとってプレッシャーになってきます。

メールを送ったのに何日も返信がないから不安になって送ってしまったと言う人もいるかもしれませんが、何日たっても返信がないというのは相手からしてみれば興味がなくなってしまった可能性があります。

だったら他の人に標準を向けてアプローチをしていったほうが効率がいいです。会話のキャッチボールを楽しむようにしましょう。

↑ PAGE TOP